2011年12月11日

今シーズンのアボット選手のお題目

フィギュアスケートオタになってしまった斉藤真理子でございます。ネット上で
先輩のスケオタ(年齢は関係なく)と知り合えたので、ますます色々教えてい
ただき、ますますハマっている私はこれでいいんだろうか、とたまに思いますが。

さて、男女含め非国民の私が一番御贔屓なジェレミー・アボット選手の今季の
プログラムですが、興味深いのは全くスケートと関係ない方に振り付けて貰って
いるところです。実は去年もSPはそうだったんですが、今季は全くフィギュアの
振り付けが初めて、という方なんです。そういうところも好きなんだよな〜。
ま、坊主憎きゃー袈裟まで憎いのま逆です(笑)

振り付けはアメリカの人気ダンス番組、SYTYCDのシーズン2の優勝者のベンジー
とそのお父様の振り付けです。カテゴリーとしてはウエストサイドスイングという感
じでしょうか。彼の番組での踊りですが、

http://www.youtube.com/watch?v=f_DAJ-O6J0g&feature=related

この男性のほうが今回の振り付けを担当しました。なんとなく納得ですよね。
アボット選手の素晴らしいところは、スケーティング技術をそのまま音表現に結び
つけ踊れる、しかも踊っているフォルムが優れている事に尽きます。相当鏡を見て
研究しているに違いありません。実際プロポーションもいいので、また映えるんです
よね〜。実は実際お目にかかった事があるんですが、素晴らしく美しい選手でした。

フィギュアスケートのファンってやっぱり点数もさながら、好みで見ているケースも
あるので、それはそれでいいんだ、と思ってます。

フリープログラムはコーチである佐藤有香さんとアボット選手の合作です。これが
また素晴らしく、今までPCSでももっと評価されてもいいのでは、と言われていた
彼ですが、流石にこのプログラムでPCSが上がりました。不思議なもので一旦
上がりだすと上がるんですよね。かれの場合、若干精神的にチキンな部分がある
みたいで、決めないといけないところでミスを繰り返していた、あとシニアデビューが
遅くて損をしていた、という事でジャッジが出し渋りしていた部分もありまして。

GPFのフリーの結果は早朝に出ますが、期待したいところです。
posted by mariko at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

デル株式会社


「IMAGINATION STUDIO 4 ダウンロード版」割引提供のご案内
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。